翌日でも効果アリ!ニンニク臭を消す方法

にんにくを食べた翌日の口臭、気になりますよね。翌日が会社だったり、デートだったりしたら大変です。あまりのにんにく臭さに嫌われたりしてしまうかも…。

こちらでは翌日のにんにく臭の消し方についてご紹介しています。

翌日までには臭いを消したい!でも…

翌日のニンニク臭を完全に消す方法は、残念ながらありません。というのもにんにく臭が口から臭っているわけではなく、身体全体から臭っているからです。つまり臭いのもとになっている物質が身体から消えるまでの間、にんにく臭さと闘わなければならないのです。

ですから、翌日のニンニク臭は消すのではなく、抑えることが大切になります。

他の方に臭いに気づかれないようにガムや飴、タブレットなどを食べたり、マスクをしたりして、なるべく抑えることに注力して対策を練っていくと良いでしょう。

翌日のニンニク臭はどこから出るのか

翌日のニンニク臭は、身体全体から出てきます。そのなかでも特に強いのが口から出る臭いです。にんにくの臭い成分が身体を回り、肺にも達します。呼吸の際に外気を吸い込み、息として吐き出しますが、この時臭いも同時に吐き出されます。

経験上分かるかと思いますが、人の息は話している時だけでなく、その人がため息を付いたりあくびをしたりしたときにもかなり感じることができますよね。その息がクサかったらより気になります。

翌日のにんにく臭がやっかいなのは、完全に身体からにおい物質が消えるまで出続ける点です。にんにくを食べた後の単純な口臭なら歯磨きやブレスケアで消すことができますが、こちらは消せないのです。

臭いを翌日に持ち越さないためにできること

翌日の臭いが消せないのなら、臭いを翌日に持ち越さない方法を考えなくてはなりません。その方法とは、臭いのもととなる成分を消化・吸収させないことです。

にんにくからは、主に調理の際に、臭いの原因となるアリシンが発生します。このアリシンは体内でさらに分解されてアリルメチルスルフィドという硫黄の臭いを含んだものに変わります。

つまりにんにく臭を身体から発生させないためには、調理の際に出るアリシンを抑えるか、アリシンがアリルメチルスルフィドに変わるのを抑えるしかありません。予防が大切なわけですね。

予防の際に有効とされるのが牛乳です。牛乳には揮発性物質の濃度を下げる効果があり、アリルメチルスルフィドの臭気を抑えてくれます。アリシンは食後すぐに血流にのって運ばれていくので、にんにく料理を食べている最中にいっしょに飲むと効果的です。

食べ過ぎ注意!もしニンニク臭が翌日に残ってしまったら

牛乳などでニオイ対策をしたものの、ニンニク臭が翌日に残ってしまった場合どうすればよいのでしょうか。

一つは臭いに気づかれないように、マスクをつける、あるいはガムをかむなどしてごまかすという方法があります。

もう一つオススメなのは、血液中に流れる臭い物質の濃度を下げることです。これは水やお茶などを多めに飲んで、頻繁に排尿するか、お風呂やサウナ、ジョギングなどで汗を多めにかき、身体の水分を入れ替えることで実現します。

ぜひ試してみてください。