にんにくを食べた後、どんな口臭がする?

にんにく料理をおいしく食べた後、気になるのが臭いです。自分が知らないうちにほかの人に迷惑をかけているかもしれません。

では一体どのような臭いなのか、臭いを確認する方法があるのか調べてみました。

なぜ自分の臭いを確認できないの?

にんにくを食べた後の自分の口臭は、どんな臭いなのか確認したくても、なんとなく嫌なにおいがするだけで、自分ではどんな臭いがしているのか、なかなか分からないものですよね。

にんにくは食べた直後だけでなく、食後数時間後、今度は身体の中で違うニオイに変化して口臭や体臭となって身体から出ていくのです。

ニンニクの臭い、実は化合物のせい

にんにくの臭いの元凶は、にんにくに含まれるアリシンという化合物です。アリシンは抗菌や抗カビ作用をもち、刺激臭を放ちます。アリシンはにんにくが調理などで刻んだりすりつぶされたりなどして組織にキズが付き、酵素であるアリナーゼが作用して、化合物アイリンから変換される化合物です。

調理の際にはピルビン酸やアンモニアなどの臭い成分も産みだされるため、アリシンの刺激臭に加え、ピルビン酸の特有の酸っぱい臭い、これまた酸っぱくて鼻をつくアンモニア臭がします。とはいえこの段階ではそれほど強い臭いではないので、人が料理を食べる際の不快感はありません。

問題はこの後です。アリシンは酵素などと結びつき、アリルスルフィド類、アホエン類などの化合物に次々と変化します。これら化合物のうちアリルスルフィド類が問題です。

「あ、きのうにんにく食べたんだな」という臭いがこれです。アリルスルフィド類の中で、さらにやっかいなのがジアリルジスルフィドという物質です。

にんにくを食べた後、体内でアリシンの分解物アリルメルカプタンとアリルスルフェン酸が化学反応してできるこちらの物質は、アリルスルフィド類の中でもとくに硫黄の分子量が多いのが特徴です。

食後数時間後でにんにくの臭いはどう変わる?

食後から1時間から2時間程度で、口内に残ったアリルスルフィド類をはじめとするにんにくの臭い成分が口臭になります。

そのにおいはアンモニア系の刺激臭、硫黄系の腐敗臭などが混ざっていますので、独特の臭気となります。加えて、胃で消化されたにんにくからは、アリシンの分解物アリルメルカプタンの硫黄臭もゲップなどで逆流して口から出てきます。

こうして口と胃から出た口臭は3時間程度たてば徐々に落ち着いてきますが、食後から5,6時間後に今度は肺や毛穴など全身から放出される臭いが発生します。

アリシンが体内で分解されることで産出するアリルメチルスルフィドは、強烈なにんにく臭さのもとです。この物質は、キャベツが腐った臭いがする悪臭で、にんにくを食べた翌日の人か「なんとなく臭い」と感じるあの臭いです。

このアリルメチルスルフィドは息だけでなく、毛穴、尿、便など身体中の孔から外へ出ていきます。毛穴から出るアリルメチルスルフィドは汗や老廃物と混ざり、尿や大便などともまざるわけですから、通常よりすべて臭さがアップしてしまいます。

それってホントにニンニク臭?

ご紹介したように、にんにく臭は時系列にそって何段階もの臭いのハーモニーが奏でられます。それはすべて嫌な臭いに違いありませんが、こうしたにんにく臭以外にも人にとって不快な口臭、体臭は複数あります。歯周病や虫歯などの口内環境、呼吸器系の障害、消火器系の障害、肝機能系の障害、糖尿病などそれぞれ口臭には特徴があるので、口臭=にんにくと安易に結び付けないほうが良いかもしれませんね。