ニンニクを食べた後のにおいチェック方法

にんにくを食べた後、すぐに確かめたいのが自分の口の臭いではないでしょうか。デートや打ち合わせなど、人と会って話すイベントが控えているとなおさら気になりますよね。

ただ、自分では口臭の強さはなかなかわからないもの。

これは嗅覚がにんにくの臭いに慣れてしまっていて麻痺しているからです。

ではどのようにチェックすれば良いのでしょうか。こちらでご紹介していきましょう。

口臭の調べ方

もっとも簡単な方法はほかの人に息を吹きかけて、口が臭いか確かめてもらう方法です。簡単ではあるものの、この方法では家族など誰か親しい人が近くにいなければできませんので、人によっては現実的ではないかもしれないですね。

セルフチェックする方法ですが、コップもしくはビニール袋など、息を一時的に密閉できる容器を使います。たとえばビニール袋に息を吐き出し、ビニールの口を閉めます。そして30秒から1分ほど置いたあと、ビニール袋の臭いを嗅いでみてください。にんにく臭ければ口臭がある証拠です。

この方法ならにんにくに限らず自分の口臭をチェックしたいときに使えるので、ぜひやってみてください。

口臭の届く範囲はどれくらい?

口臭の届く範囲は環境と口臭の種類によって違ってきます。

環境とは風が吹いていたり湿度が高かったりといった条件です。口の近くで風が強ければ吐息が顔にかかる範囲は狭くなるため口臭を感じにくくなりますし、エアコンの風向き次第では遠く離れたところまで口臭が運ばれてしまうため、少し距離があっても口臭が届いてしまいます。

口臭の種類は口の中で発生する口臭か、口臭のもととなる疾患や不調が体内にあり、それが原因で起きている病的口臭の2種類です。

口の中で発生する口臭は生理的口臭と呼ばれ、寝起きや緊張時など特定の条件で発生します。この生理的口臭が届く範囲は30センチほど近寄らないと感じられない口臭です。
一方病的口臭は、歯周病や虫歯、胃や肝臓など臓器の不調が原因で起きる口臭で、1メートル離れた所でも臭いを感じ取ることができます。

ちなみににんにくを食べたときの口臭は、口だけではなく身体の中からも出てくる強い臭いです。1メートル離れていてもにんにくの臭いに気づかれてしまうでしょう。

ニンニクを食べた後の口臭を消すには

にんにくに限らず、口臭を消す際に重宝するのはマスクです。ただこの方法では根本的に口臭を消すことにはなりませんので、一時的な対処法として考えてください。

生理的な口臭を無くすには歯磨きやマウスウォッシュなど、口の中の細菌を退治すると良いでしょう。病気が元の口臭については、病気の治癒なしに口臭を消すことができません。

にんにくを食べた後の口臭は、食後に牛乳や緑茶、コーヒーなどを飲み口腔内のケアと、体内で臭い成分が働かないようにすることで、臭いを抑えることが可能です。なるべく早めに対処しましょう。ただ完全にニンニク臭を消すことはできませんので期待しすぎないようにしてくださいね。