ニンニクのにおい成分とは

にんにくのにおいは揮発性のある硫黄化合物が元凶です。

このニンニクから出る硫黄化合物の中でも特に重要な役割を果たしているのが、アリシンと言う化合物です。

このアリシン、どんな風に私たちを悩ます臭いに変化していくのでしょうか。

こちらではにんにくの臭い成分について詳しくご紹介していきます。

そのニオイ、アリシンの仕業です

にんにくは調理などでキズがついていない状態では臭いません。なぜかというと臭いの元、アリシンがまだ作られていないからです。

ではどうやって作られるのかと言うと、にんにくを包丁などでカットしたり、おろし金でつぶしたりすることで、初めてこのアリシンが発生し、においの元になるのです。

アリシンの発生は一種の防御反応と考えられます。にんにくにはアミノ酸の一種であるアリインやメチインなどの物質が含まれていますが、これらが臭いを発するためには、同じくにんにくがもともと持っている酵素、アリイナーゼと結びつく必要があります。これらの物質と酵素は、にんにくが傷つけられたとき、外敵から身を守るようにしてこれらが結びついてアリシンが発生する仕組みになっています。

ニンニクの臭いの原因に迫る

このようにして作られたアリシンは空気や他の物質に触れることで、すぐにほかの臭い成分に変わっていきます。ジアリルスルフィド、アリメチルスルフィドがその代表的な硫黄化合物です。

このアリシンが分解されてできる化合物のうち、ジアリルスルフィドはほかの物質と結びつき、自己分解を通じてさらに硫黄分の強い(臭さがアップした)化合物へと変化します。

これらは揮発性を持ち、油に溶けやすい脂溶性の性質で、体内で血液にのって肺まで到達し、揮発しながら特有の臭いとともに身体の外へ排出されます。こうして排出された息は、にんにくの臭みを帯び、口臭となって周りの人たちに不快な印象を与えるのです。

ニンニクを食べると臭うのはなぜ?身体との関係

これまで説明してきました通り、臭いの原因は、にんにくが傷つけられることによってできるアリシンが原因です。このアリシンが体内で分解され、いろいろな化合物に変化していく中で臭いを強めながら体外へ排出されるため、にんにくを食べるともれなく臭いがしてしまうわけです。

臭いは息だけでなく、毛穴や便などと一緒に出てくるため、毛穴に詰まった老廃物とともに汗に交ざれば、にんにくの硫黄臭だけでなく、アンモニアなどの刺激臭とも混ざり合ってきわめて不快な臭いとなります。