ニンニク臭を消す飲み物は何か

にんにくの臭いを消してくれる飲み物って聞いたことありませんか?

有名なのが牛乳です。牛乳を飲めばにんにくを食べた後の口臭を防いでくれる、牛乳でにんにくを煮てから食べると臭いが弱くなってちょうどいい、という話もあるように、牛乳の消臭効果は一般的によく知られています。

そのほかにもコーヒーや緑茶、リンゴジュースなどがにんにくの臭い消しに効果的だと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。

牛乳の消臭効果とは

まず牛乳の消臭効果についてご紹介します。

牛乳にはカゼインと呼ばれる成分があり、にんにくの臭い成分である揮発性物質、ジアリルジスルフィドとアリルメチルスルフィドの濃度を下げる力があります。

これらの揮発性物質は、にんにくが体内に摂り込まれた後、アリシンというにおい成分が発生しますが、これらが腸から吸収され、口臭や体臭となって外へ出ていく前に牛乳がその働きを邪魔してくれます。脂肪分と水分が多ければ多いほど効果的で、アイスやヨーグルトなどの乳製品でも同じような消臭効果があるようです。

にんにくを食べると臭いの原因となるアリシンはすぐに血液に乗って運ばれていくので、これらを吸収させないためにも牛乳を飲むタイミングは早めがベストです。にんにく料理のお供に牛乳を飲むと良いでしょう。

リンゴジュースの消臭効果

リンゴジュースの場合、リンゴに含まれるポリフェノールの働きがカギになります。熟していないリンゴの皮に多く含まれるリンゴポリフェノールは、カテキンがいくつかつながったプロシアニジンが主成分です。リンゴポリフェノールは強い抗酸化力を持ち、血流改善や、美肌など身体にさまざまな良い効果をもたらします。

口臭の原因となるメチルメルカプタンという成分が口の中で増えるのを防ぐため、口臭予防にも効果があります。にんにくを食べてすぐの口臭を抑えてくれるでしょう。

お茶の消臭効果

お茶に含まれるカテキンもポリフェノールの一種で、お茶特有の苦み成分です。緑茶にはエピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートなどの4種類のカテキンが含まれていて、抗酸化作用、抗菌作用を持っています。

このうち抗菌作用が口内で口臭の原因となる菌を殺菌してくれるため、口臭防止に役立ちます。

紅茶の消臭効果

紅茶には紅茶ポリフェノールが含まれていて、抗菌作用は緑茶カテキン以上の力を持つことがわかっています。歯周病を悪化させる病原プロテアーゼの活性を抑えるほか、リンゴポリフェノールと同様に、口内でメチルメルカプタンの増加を抑える働きがあります。

コーヒーの消臭効果

コーヒーにもポリフェノールが含まれていて、ほかのポリフェノールと同様に口臭予防効果があるほか、フラン類と呼ばれる成分がにんにくの臭い成分であるアリシンの働きを弱めてくれるため、にんにくを食べた直後とにんにくが消化・吸収される際の口臭を予防することができます。ただしコーヒーにはカフェインやタンニンなどの成分も含まれており、これらが唾液分泌を抑制する効果を持つため、コーヒーの飲み過ぎは逆に口臭を強めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

豆乳の消臭効果

豆乳には大豆たんぱく質が含まれていますが、これが牛乳と同様にジアリルジスルフィドとアリルメチルスルフィドの濃度を下げる力があるという研究結果がまとめられています。

福岡県農業総合試験場研究報告 29号 発行2010年3月
「豆乳と牛乳のジスルフィドに対する消臭効果」

にんにくを食べた後、コンビニに立ち寄って牛乳や豆乳を買って飲む。この何気ない行動がにんにくの臭いを抑えるために重要なので、覚えておいて損はないでしょう。

いつ飲めば臭いは消えるのか

これまで5つの飲み物におけるにんにくの消臭効果をご紹介してきました。
それぞれにんにくを食べた直後の口内の環境を改善してくれるリンゴジュースやお茶、臭い成分が体内で働くのを阻害する牛乳や豆乳、歯周病の悪化を抑制する効果もある紅茶などさまざまです。

それぞれの飲み物を飲むタイミングが重要になりますが、オススメはにんにく料理を食べている最中はリンゴジュースや紅茶を、食後すぐには牛乳を飲んでおくと、比較的長い時間口臭を消せるはずです。ぜひ試してみてください。