ニンニクの臭いが手についた…そんな時の対処法

にんにくを料理する際、そのまま切ったり刻んだりすると手ににおいがついてしまいますよね。

しかもこの臭い、石けんで洗ったくらいではなかなか消えないため、手から臭うにんにく臭さに辟易する方もいると思います。

このページではにんにくの臭いが手についた場合の対処方法や、なぜ臭くなってしまうのかといった原因、そして手がにんにく臭くならない方法を紹介します。

なぜ手が臭くなるのか

にんにくで手が臭くなり、かつ、臭いがなかなか落ちないのは、にんにくに含まれる臭い成分、アリシンが分解してできる硫黄化合物スルフィド類が原因です。スルフィド類は水に溶けにくい性質を持っているため、水で洗っても手にこびりついたまま、臭いを放ち続けるというわけです。

にんにくはそのままの状態では嫌な臭いを発しませんが、調理する際切ったり刻んだりすりつぶしたりといった工程で、においの元となるアリシンが作られます。アリシンは空気などに触れて様々な化合物に分解されますが、その過程でよりにおいが強いものに変化していくという特徴を持っています。

こうした性質を理解することで、調理の際のにんにく臭さと上手に付き合うことが出来るでしょう。

何度洗っても取れない…指や爪についた臭いを取る方法

水で洗っても石けんでごしごしこすってもにんにくの臭いが取れない場合、どうすればよいのでしょうか。

もっとも効果的なのはステンレスを利用する方法です。

多くの場合、台所のシンクはステンレス製ですが、ここに手をこすりつけながら水で洗い流すと、にんにくの臭いが上手に取れるようになります。シンクがステンレスでなくても、ステンレスのボウルやスプーンなどでも効果がありますので試してみてください。このようなステンレスの性質を利用して開発されたステンレスソープという製品も、100円ショップで売っているので活用すると良いでしょう。

なぜステンレスがにんにくの臭いを消すのか、ですが、水と空気によるステンレスの触媒作用が働くためと考えられています。水とステンレスが反応し、にんにくの臭いの元になる分子を吸着するという形です。

食酢を使って臭いを落とす方法もあります。

にんにくの臭いはアルカリ性を示しますが、酸性の酢はアルカリ性の臭いを中和する性質があります。この性質を利用し、酢を入れたボウルに手・指を浸したあと、水で洗い流すとにんにくの臭いが取れます。まな板などに振り掛ける場合は、霧吹きなどを使って水と酢をまぜたものをスプレーすると良いでしょう。

ちなみに余談ですが、臭いを放つものはすべて酸性かアルカリ性に分けられます。酸性のものがアルカリ性を中和するならその逆も有るわけです。つまり酸性の臭いに対してはアルカリ性の素材を使うと消臭効果が得られます。アルカリ性を示す身近な素材は重曹やセスキ炭酸ソーダ、石けんなどです。石けんでにんにくの臭いが取れないのは同じアルカリ性であることも原因の一つです。

酸性の臭いは、主に酸っぱい臭いがするものです。汗の臭い、足の臭い、生ごみが腐った臭いがその代表例です。

付けなきゃ大丈夫!手がニンニク臭くならない方法

にんにくの臭いは調理の際に少し工夫するだけで、手に臭いが着くのを防ぐことができます。

まず直接にんにくを触らずに調理する。これはビニール袋やゴム手袋をしてにんにくを切るというものです。調理用のゴム手袋を一つ用意しておくと良いかもしれません。

また冷凍してからカットする、あるいはレンジでチンした後にカットすると、にんにくの汁が出にくくなるため、生のにんにくよりも手が臭くなりくいです。