なぜ鼻からニンニク臭?その理由とは

うわっ、鼻の中が臭い!
鼻からにんにくの臭いがする…。

そんな体験したことありませんか?

鼻の中が臭くなる原因は、皮脂や汚れ、生活習慣の乱れによる皮脂量の増加、空気中の臭い成分が鼻毛などにこびりついた場合や、蓄膿症などの鼻の病気等複数あります。

なぜニンニク臭がするのか

鼻の中が臭くなる原因の一つに皮脂があります。鼻の中は皮脂が分泌されやすいのですが、外気から入ってくる汚れと皮脂が結びつく、あるいはにんにくの代謝による臭い成分の付着によって鼻の中がにんにく臭くなることがあります。

にんにくを食べた後などこのように感じることがありますが、病気ではないので臭いがなくなるまで放置しても問題ありません。

ただ身体の代謝機能が低下したり、免疫力がなくなっていたりすると鼻の中の皮脂の臭いがより強くなるばかりか、病気になりやすくなるため注意が必要です。

ニンニクの臭いが原因で頭痛は起きる?

にんにくの臭いは非常に強く、香水やタバコなどの臭いとともに、不愉快に感じる人が多いと言われています。

片頭痛持ちの人は特に光や音、臭いなどに敏感な方が多く、これらの刺激が片頭痛の原因になることが多いようです。

にんにくの臭いによって嗅覚に強い刺激を受け、それが引き金になって、頭痛を起こす方もいます。妊婦さんも臭いに対して敏感になる方も多く、にんにくの臭いを嗅いだだけで頭痛や吐き気を訴える方も少なくありません。

また頭痛は脳が酸素不足になったときに発生することがありますが、にんにくの臭い成分が過剰に血液中に流れ込んだ場合、血流の乱れや、血圧が急激に上昇するなどの悪影響を及ぼす可能性もあります。適度なら血流を上昇させる効果がある成分も、過剰摂取で頭痛の引き金となったり、体調不良の原因になったりしますので注意が必要です。

ニンニクの臭いが原因で吐き気は起きる?

にんにくの臭い成分であるアリシンには、臭いとともに強い抗菌作用があります。あまりにんにくを食べ過ぎてしまうと胃の内部を荒らし、胃のムカつきなどの症状を引き起こすこともあり、それが原因で吐き気が起きるケースもあります。

また頭痛と同じように、臭いに敏感な方、あるいは妊婦さんなど、にんにくの臭いが原因で吐き気を起こす可能性もあります。頭痛は起きないけど吐き気は起きる、またその逆の症状となる方もおり、にんにくの臭いに対する反応には個人差があることも覚えておくと良いでしょう。

ニンニクの食べ過ぎ以外での頭痛や吐き気に要注意

食べ過ぎでなくてもアレルギーがある場合は、頭痛や吐き気が出る恐れがあります。

また女性ホルモンに関係する病気、自律神経失調症の症状がある場合、にんにくの臭いに敏感になり頭痛や吐き気がでる方もいます。

また日常生活で過度なストレス状態に長期間さらされるなど、精神的に安定しない生活を送っている方は、臭いに対して過敏に反応する嗅覚過敏などの症状が出る場合もあります。このような状態でニンニクの臭いを嗅ぐと、人によっては頭痛や吐き気といった症状が出てしまうため、注意が必要になるでしょう。