黒にんにくの秘密 - なぜ黒い?特徴は?

近年では、健康に良い食品として「黒にんにく」が注目されています。食品がそのまま販売されたり、手作りレシピが紹介されていたりするほか、サプリメントとしての加工品にも人気が集まっています。知名度は広がりつつあるものの、詳しいことは何も知らない方も少なくないことでしょう。そこで、特徴や魅力など、具体的な情報を知り、実際にご活用されてみてはいかがでしょうか。

黒にんにくとは一体どういうものなの

黒にんにくは、その見た目からも分かるように、見た目が真っ黒な特徴があります。あまりに一般的なそれとは色が違うので、特殊な品種を使っていると思われがちですが、黒にんにくは普通のにんにくを使って作られています。そのためニンニクの産地の多くが、自分たちが育てたものを黒にんにくに加工して販売するなど、新たなビジネスの一つとしても注目されており、様々な地方で、オリジナル商品が販売されています。ニンニクの産地として有名な場所なら、より大きく、食べごたえのある素材を購入出来るかも知れません。加工方法も自宅で作れるくらいに簡単なので、実際に加工を試してみるのも良いでしょう。

黒にんにくが出来るまで

黒にんにくは一般的なにんにくを熟成させる加工を施し、作られるものです。黒々とした見た目が何よりの特徴で、中にはそのような品種であるのかと勘違いされることもあるでしょう。しかし実際にはご自身の手で、自宅でも加工できます。作り方はシンプルで、にんにくを長時間高温多湿の環境で熟成させ、さらに天日干しなどを行なって完成します。それ以外は特に何もしていないのに、白かった姿から真っ黒な状態になり、まったく違う雰囲気の食べ物に生まれ変わります。
そういう品種があるのと同じくらい、黒にんにくについて誤解されているのが、食品添加物などの使用です。確かに黒くするだけなら、食紅などを使ったほうが楽そうですが、もちろん黒にんにくは食品添加物などを使わなくても黒くなります。そのため見た目か身体に悪そうな成分が入っていそうでも、必要以上に心配する必要はありません。むしろ豊富な栄養素が摂取できるので、健康のためにも定期的に口にしておきたいところです。
作り方はシンプルですが、加工の仕方によって黒にんにくの状態は大きく変わります。たとえば色の違いですが、こちらは温度の高さや熟成期間によって変化し、墨で塗ったような色になることもあれば、チョコレート色程度に留まることもあります。商品によっては添加物を加えるなど、より見た目が良くなるように手を加えることもあるので、添加物が気になるという方は、成分表などを前もってチェックしておきましょう。まったくの無添加の商品は値段が高くなることが一般的な傾向です。価格よりも品質を重視される方の場合、少々割高な価格になる可能性があることを踏まえておく必要があります。一口に品質と言いましても、添加物のほか、原産地や生産工場など、様々な要素が関わってきます。こだわりのある方は、その一つ一つをくまなくチェックしておく方が安心です。

元々の健康効果がアップ

黒にんにくは、健康効果に優れている魅力があります。加工されなくとも、素材自体は健康効果が高いものとして有名です。アメリカ国立がん研究所、通称「NCI」が発表するデザイナーズ計画では、がんの予防に対する効果が期待出来る食品だと選ばれていまして、その他の食品と比べた場合にも、優れたがんの予防効果を見込めると考えられています。そして、黒にんにくの場合は、通常のものより健康効果が高まっていると考えられ、それが健康食として幅広い注目を集める理由となっているのでしょう。
ただ、加工することでなぜ、栄養が増えるのかその理由については、明確にわかっていないことが多いようです。現時点においても豊富な栄養素による高い健康効果を得るのに期待出来ることから、幅広い方々が口にしています。栄養が増える原理等については、今現在においても詳しく調べられています。研究が進んでいくにしたがって、健康効果がより高いものが誕生したり、効率的に生産する仕組みが考えられたりするかもしれません。

増加した栄養素に注目

にんにくは特別手を加えずとも豊富な栄養素を含んでいる食材です。しかし、黒にんにくに関しましては、加工前に比べると、栄養素の割合が格段と高まっています。加工前の食材より高い健康効果に期待出来ると言われ続けているのは、何より、栄養素が豊富なのが一番の理由でしょう。どちらを食べ続けるのが健康に良いのかという点では、やはり黒にんにくに軍配が上がるはずです。
にんにくには「S-アリルシステイン」という栄養素が含まれており、そのほかの食材にはみられないものです。この栄養素は、ナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあり、それによりがん細胞の抑制効果に期待できます。そして、黒にんにくにはこの栄養素も増えていることが確認されているため、より一層がんの予防効果を見込めると注目されています。一口にがんの予防を見込めると言いましても、その場所は様々です。特に、胃腸や大腸などの、消化器系に現れるがんに対して、高い効果を発揮すると考えられています。胃腸の健康を守り、がんなどの深刻な病気を抑制したいときにはオススメです。
「S-アリルシステイン」に限らず、加工前から含まれている成分が増加している傾向があります。例としてポリフェノールがあげられますが、こちらの成分は赤ワインに多く含まれると有名です。黒にんにくへと加工されると、もともと含まれているポリフェノールの量も増加します。なので例えば、料理に使うと共に、赤ワインも同時に楽しむことによって、ポリフェノールを効率良く摂取できるなど、工夫は多種多様です。
一般的な加工前のにんにくにはみられない栄養素も含まれている特徴があります。健康を考慮し、習慣的ににんにくを食べている方は、黒にんにくに乗り換えたほうが、はるかに高い健康効果が期待できます。

黒にんにくは食べやすい

黒にんにくの特徴は様々ですが、加工前のものと比べた時にみられる大きな違いはその「食べやすさ」でしょう。まず通常のにんにくについてですが、一般的には調理した上で口にされることがほとんどで、生食をすることは多くないはずです。臭いや辛みが強く、とてもではありませんが、加熱しないで口にするのは難しいでしょう。さらに生食は、強い殺菌作用により腸内細菌を必要以上に殺してしまうため、体調を崩したり、下痢をしたりする原因になります。一方で黒にんにくは、生食した時に現れる体への負担を気にせず、安心して食べられるのが特長です。
黒にんにくは、通常のものに比べると、その独特で強い臭みが少なくなっています。黒にんにくは通常のニンニクを加工して作るのですが、加工している間に臭い成分などが変質して、特有の臭いがほとんど消え去っています。やや甘口な味わいで、例えるならばドライフルーツのように味わえます。そのため、素材を手にした時、特別な加工を加えずとも食べられますし、美味しく楽しめるでしょう。
だからといってご自身で調理や加工を加えてはいけないことではなく、工夫次第で様々な味わいを表現できます。近年では、豊富にレシピが紹介され始めており、普通のニンニクと使い分けてみたり、代わりに使ってみたりと、独自の方法で好みの黒にんにく料理を作ってみましょう。そのまま食べるのに飽きてしまったときも料理に混ぜて使うなど、メリハリを付けることで、無理なく黒にんにくを使った健康維持に努められます。さらにそのまま料理に使うだけでなく、ドレッシングなどにも使えるので、にんにくを入れるような料理が無いときにも活躍してくれるでしょう。サイドメニューや調味料など、メインの料理とは違う味が欲しくなってきたときにオススメです。

産地による違い

黒にんにくを入手する方法は大きく分けて2通りあり、一つが店頭での購入、もう一つが通販で注文するものです。地元で採れたものを使った黒にんにくを、地方の自治体や農家が販売することも少なくありません。ここで気になるのが産地による黒にんにくの違いですが、何か差は出てくるのでしょうか。
にんにくの産地は、同じく黒にんにくの産地である認識で良いです。例えば有名どこですと「青森県」や「三重県」で生産されていますが、それらの地方で作られたものは大振りで味もよく、黒にんにくにはぴったりです。輸入品ですと、中国や韓国を産地とするものも少なくありませんが、品質にこだわりを持つならば、国産の商品が望ましいでしょう。
また、黒にんにくは一つの食材として販売される形のほか、サプリメントのようにして、加工が施された商品も多くみられます。通常の黒にんにくとは違って、サプリメントにされた商品は口にしやすいですし、持ち運びも容易なので、出先での健康維持などに使うと便利です。ただ、サプリだと見た目だけではどこで生産された材料を使っているか分かりにくく、品質面では不安が残るという方もいるかもしれません。産地が気になるという方は、原材料の表記などをチェックしておくと良いでしょう。

黒さの秘密とは

名前にあるように、黒にんにくは普通のにんにくには無い真っ黒な見た目が大きな特徴です。一見するとまったく別の品種か、加工の最中に焦げてしまったようにも見えますが、黒にんにくの黒さには秘密があります。黒くするまでの過程に起こる変化に注目して、黒にんにくの秘密に触れてみましょう。

メイラード反応による変化

黒にんにくは生産された時から、その独特な色味を持つ食品ではなく、一般的なにんにくを加工したものです。加工の過程でメイラード反応と呼ばれる化学反応が起こり、本来の持つ素材の色と打って変わり、黒々とした色に変わっています。アミノ酸と糖分が結合すると、メイラード反応が起こります。それにより変色が起こるのですが、例えばチョコレートの色合いが黒っぽくみられるのも、この化学反応が関係しているからです。黒にんにくの場合ですと、生の素材を長時間高温高湿の場所に置いておくことで、たんぱく質の一部分がアミノ酸へ変化するのに加えて、炭水化物が分解され、果糖に変化することで、色味に変化が現れます。化学変化によって見た目が変わるだけで、それが身体に悪影響を及ぼすことはなく、安心して口にできます。
メイラード反応による変化が起きたにんにくは、見た目が変わるだけでなく、中に含まれる栄養素も変化します。一部のたんぱく質や炭水化物が分解されることで、今まで無かった成分が生まれ、それらも摂取できるようになります。当然豊富な栄養素のおかげで健康効果も高まるので、健康のために食生活に取り入れたいと考えるならば、黒にんにくを食べたほうが良いでしょう。

熟成?発酵?

黒にんにくはなぜ黒いのか、その理由は化学反応である「メイラード反応」が起こっているからです。中には、発酵することで黒々とした色合いに変化すると誤解する人もいるでしょうが、根本的なところをいうと、こちらは発酵食品ではありません。一見すると無関係のように感じるかもしれませんが、熟成と発酵とでは、変質する仕方がまったく異なります。
まず発酵は、微生物の繁殖によって、食物などに含まれる成分などが変質して起こります。その時、微生物から排泄物等が分泌されるのですが、それにより発酵食品特有ともいえる独特の臭いが発生します。しかし黒にんにくの場合、熟成させることで、色が変わる反応をみせています。熟成させると、アミノ酸など、素材に含まれている成分が化学反応を起こし、その時にはこれといって変わった臭いが発生することはないです。黒にんにくは特に、熟成させることで独特の臭いを抑え、加工する前より格段と食べやすくなります。
黒にんにくに関して出回っている情報の中には、熟成や発酵のどちらも書かれていることがあります。しかし、通常は熟成という形で加工されるのが一般的です。発酵食品ですと臭いが気になる人もいるでしょうが、基本は熟成して加工しているため、食べやすいはずです。

黒くなったらどうなるの?

黒にんにくは、高温高湿に設定された場所にしばらく放置することで熟成させて作られています。熟成により見た目が黒く変化するのはもちろん、通常のにんにくとは異なる性質が生まれます。まず、にんにくの持つ独特の臭いが感じられなくなることと、例えるならばドライフルーツのような甘みをもつようになることです。そして、ポリフェノールなどの栄養素が熟成によって増えたり、抗酸化作用が高まったりするほか、免疫力が高まるのも熟成させることで得られるメリットでしょう。なにより、がんに対する予防効果が高まるのもまた、口にする方にとって魅力を感じられる部分ではないでしょうか。
これらのような性質の変化は、研究によって見つかっているのです。見た目が変化しているのは誰の目からみてもはっきりと伝わる情報ですが、栄養素などの中身に関しましても、加工前に比べて劇的な変化を遂げています。この変化によって、健康食としての効果が高まってくれますし、様々な体調不良の改善や予防に貢献してくれます。健康のために食生活を変えたい方は、まず黒にんにくを使うところから試してみましょう。

増える栄養素の種類は

熟成させ、黒にんにくへと姿を変えると、様々な栄養素が増えてくれます。たとえばアミノ酸は、通常のにんにくには含まれていませんが、熟成されるときにたんぱく質の一部がアミノ酸に変質して現れます。また、「ポリフェノール」や「S-アリルシステイン」などの栄養素についても、加工前に比べて数倍に増えているのです。
黒にんにくへと加工したとき、それが理由で増加する栄養素については、健康的な効果を様々な形で期待できると考えられています。たとえばアミノ酸は、老化防止や疲労回復などの効果があり、通常のニンニクに含まれる成分と合わせて、老化防止と疲労回復効果をさらに高めます。またポリフェノールには、抗酸化作用が含まれており、こちらも老化を防止するほか、血液をさらさらする効果も期待できます。ほかに、ポリフェノールを多く含む食材と合わせて調理するなど、一工夫加えることで、さらに多くの栄養素を効率的に摂取できるでしょう。そして「S-アリルシステイン」という栄養素には、がんを予防する効果に期待出来ると考えられており、注目される大きな理由でもあります。S-アリルシステインはナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあるといわれ、ナチュラルキラー細胞は異常が出た細胞を排除してくれます。もちろんガン細胞も対象の一つなので、初期のがん細胞の消滅などに一役買ってくれるでしょう。
熟成による様々な変化により、黒にんにくはより優秀な健康食品として身体の中で活躍してくれます。健康のためによく身体に良いとされる食べ物を口にしているという方はぜひ、試してみてください。

実際に作ってみる

黒にんにくが、熟成によって黒くなったものということは説明しましたが、熟成のさせ方はそれほど難しくはありません。その気になれば自分で作ることも出来るので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。
もし、自宅で作ってみたいという場合には、必要な道具としてあげられるのは「炊飯器」なので、ほとんどの一般家庭では、特別な道具を新しく用意せずとも、作ることができるのではないでしょうか。炊飯器の中に足つきの蒸し目皿を入れ、その上にキッチンペーパーなどで包んだにんにくを入れて保温します。熟成が完了するまでには10日ほどかかりますが、熟成が完了したら、さらに天日干しで数日間乾燥させれば完成です。やることはそれほど複雑ではありませんが、とにかく時間が必要なので、その点は注意が必要です。
また、気をつけておきたい点として、黒にんにくを作るまでの間、強い臭いがあたりに充満するという欠点があります。室内で行えば部屋中が特有の臭いで充満するのは間違いありませんし、屋外で行っても、マンションなどの集合住宅地でやる場合は、ご近所迷惑も考えなければなりません。臭い対策については、黒にんにくを作った方の共通の課題のようなもので、消臭グッズを使ったり、箱で炊飯器を覆ったりと、人それぞれで色々な対策を考えているようです。また、臭いが炊飯器に付いたまま取れなくなるので、気になるのであれば専用の炊飯器を用意するのをオススメします。

既製品はもっと黒い?

黒にんにくは自分で作ることも出来ますが、やはり素人がやると色むらが出来ることが多いです。品質上問題はなくても、見た目は少々劣るので、完璧にしあげられたものを食べたいなら、やはりプロの手で作られた既製品を購入するべきでしょう。今や多くの企業にて、黒にんにくが製造されています。いずれの企業におきましても、専用の施設で高温高湿で長時間熟成させているので、仕上がりは手作りで行なうよりもはるかに綺麗です。
さらに、販売されている商品は、原料の産地にもこだわりを持ち、厳選されている様子が伺えます。例をあげると、三重県は黒にんにく発祥の地といわれており、黒にんにく作りや販売方法の充実など、積極的に商品を売り出しています。青森もニンニクの産地として有名で、青森産の有名な高級ニンニクを使った商品を売りだすなど、三重県とは一味違った商品展開を見せている傾向があります。海外からの輸入品は、国産品に比べて価格が安い利点があります。その多くは韓国や中国を原産国としますが、国産のものに比べて、粒が小さいものが多いです。それよりも綺麗な色合い、粒の大きさなど、品質へのこだわりがある方は、日本で生産されたものをチェックするのが良いでしょう。

黒にんにくの特徴から人気の秘密を探る

最近人気の黒にんにくですが、人気が広まった大きなきっかけは、大学の研究結果が報告されたことだったといいます。元弘前大学医学部教授の佐々木甚一博士が2006年に発表した研究では、黒にんにくを用いた動物実験で、マウスに移植したがん細胞に黒にんにくを投与したところ、驚くべき結果が現れました。その研究では、もともとあったがん細胞が減少していき、結果的にマウスのがん細胞が完治したことが確認されたのです。この研究をきっかけに、黒にんにくの知名度は大きく上がり、新しい健康食品として注目を集めるようになりました。同時に黒にんにくについての特徴も広く知られるようになり、人気はさらに上がっています。

特徴的な色が目印

黒にんにくを黒にんにく足らしめる大きな特徴といえば、なんといってもその色です。真っ黒な商品もあれば、チョコレートに近い色の商品もありますが、いずれもメイラード反応によって変色しています。変色度合いの違いは、熟成させた期間や温度などによって変わるので、多少の色の違いは成分的にはあまり大きな差にはなりません。とはいえ見た目が真っ黒な黒にんにくはインパクトも大きく、広告などでも大々的に真っ黒な黒にんにくを取り上げることが多いです。
ご自身で作ってみるものと比べると、色合いの違いがはっきりとわかるでしょう。ご自身で黒にんにくを作るとなると、炊飯器を使うのが一般的であるものの、熱の与え方にムラが出てしまうと色にムラが現れ、黒かったり焦げ茶色だったりと、見栄えに違いが現れます。もちろん、色合いに違いが現れていたとしても、栄養素に関しては、それほど大きな違いはみられないため、安心して食べられるでしょう。市場で販売されている商品は、品質を高めるために、販売価格が多少上がっても見た目が高いものを選定して提供します。見た目を気にすることが無いなら、自宅で黒にんにくを作ったほうが安上がりになるかもしれません。

高い健康効果に注目

黒にんにくの特徴であり、最大の魅力といえるのが、熟成される間に高まる健康効果です。元々のにんにくに含まれていた成分は、黒にんにくに含有する成分に引き継がれています。さらに、熟成していくうちに、新しい成分が生まれたり、引き継いだ成分が増えたたりするなど、より健康的なものへと変わっていきます。黒にんにくを摂取することで得られる健康効果は、これらの豊富な栄養によって引き出されているのです。
いくつか健康的な効果があると考えられている中、がんの予防効果に期待出来る点が、広く注目されています。前々から黒にんにくは大学の動物実験により、ガン細胞の減少が確認されたことで話題になっていました。そのため、がん予防のために黒にんにくを使う方が多いです。がんの発生を抑えるといわれているのは、S-アリルシステインという成分で、より具体的にガンに効果があるか確認するための研究は今もなお、続いているでしょう。
さらに健康への効果として期待が集まっているのが、生活習慣病への予防効果です。生活習慣病は近年急速に注目を集めており、糖尿病や動脈硬化など、普段の不摂生が原因で生活習慣病になる方は後を絶ちません。その、深刻とされる生活習慣病に対して、「ポリフェノール」や「S-アリルシステイン」などの栄養素が良い働きをすると考えられています。それらの栄養素により、血液をさらさらにし、動脈硬化を抑えれば、生活習慣病リスクは大幅に改善されるでしょう。
また、黒にんにくは健康への効果だけではなく、美容への働きがあるとも言われているのです。中でも、アンチエイジングに対する効果が高いとされていて、加齢による身体の衰えを食い止めて、より長く美しい体を保ってくれます。肌や髪などの衰えは、活性酸素が体内で増加するのが原因とされており、活性酸素の増加は生活習慣病などの病気にも発展してしまう心配があります。そこで、活性酸素を取り除く効果を取り入れれば、老化を防ぐことに期待でき、それによって加齢によって髪の毛や肌が衰えるのを抑えてくれるでしょう。
加えて、日々の地長の変化などに対しても、黒にんにくの働きは役立ちます。様々ある効果の中、代謝機能を高める働きがあり、疲労を回復してくれるなど、健康な身体を維持する効果を発揮してくれます。同時に免疫力を高めてくれるので、かぜなどの病気にかかりにくくなるので、健康的な身体作りをしたいときに非常に黒にんにくは役立ちます。

実際に食べるとどんな感じ?

黒にんにくを製造するメーカーは多く、企業により異なる特徴がみられます。食品に限らず、サプリなどの加工された商品も多いので、より効果が高いものや、自分に合いそうなものを探す際は、実際に食べてみるのが一番です。
黒にんにくは加工前の状態に比べて、素材の持つ独特な香りが薄れているのが大きな特徴の一つでしょう。臭いを一切感じないということは難しいでしょうが、臭いそのものは非常に弱く、後にも残らないので、人と会う約束をしていても心配することはありません。味のほうも熟成されて糖分を強く感じるようになり、ほのかな甘みと独特の食感により、ドライフルーツ感覚で食べられます。
サプリなどに加工されている商品は、出先でも簡単に補給できるので、黒にんにくの持ち運びが難しいときに役立ちます。素材そのものの味を楽しんだり、料理に加えたりしたい方にとって、サプリメントですと物足りなさを感じるかもしれませんが、効率的に栄養補給ができます。
見た目から黒にんにくの味を想像するのは難しいでしょうが、やや甘みがあり、食感も残っているため、多くの方に美味しく召し上がれています。にんにくそのものの味も残っていることから、素材の味が好きな人にとっても、満足して楽しめるのではないでしょうか。


食べ方に一工夫

通常のにんにくと違って、熟成して造られた黒にんにくは、胃腸にかける負担が弱まっています。そのため、調理せずとも、そのまま生で食べることがかのうです。しかし、生食するだけでは味に大きな変化がありません。健康のために食べ続けるには飽きないことが何より大切なので、黒にんにくの食べ方をアレンジしてみましょう。
黒にんにくは多少手を加えるだけでも、味に変化が生まれ、より魅力的な食品になります。たとえば醤油などの調味料に漬け込んでおくだけで、調味料に味が付いて、料理をより美味しく出来ます。お好みの味にしたい時は調味料に漬け込んでおくという簡単な調理であっても、美味しく召し上がれるので手軽ではないでしょうか。
にんにくよりもはるかに食べやすくはなっていますが、生食するのはやや気がひける人も多いはずです。それであれば、レシピに組み込み、料理の材料の一つとして活用するのも良いでしょう。熟成によって臭みはへっているものの味は残っていますので、同じように料理に使っても活躍してくれます。たとえばパスタに加えてみたり、ドレッシングや焼肉のたれなどに細かく刻んで加えたりと、工夫次第で色々な使い方が出来るので、好みに合わせて使ってみましょう。
より、変化を加えてみたいのであれば、皮茶にしてみるのも面白いです。これは、黒にんにくの皮を使ってお茶を沸かしたもので、実とは違った栄養素を得られます。黒にんにくの実だけではなく、皮も余さず使い切ることで、残さず栄養補給を可能とします。味わいはお茶というよりも、ニンニクスープのような味で、風邪などの体調不良のときに飲んでもよさそうです。

食べる際の注意点

健康のために黒にんにくや黒にんにくのサプリを使う方は、正しい使い方が出来るよう気を使ってください。黒にんにくは食品なので、薬のように副作用などが出ることはありませんが、それでも注意点はいくつかあります。たとえば胃への負担ですが、熟成される段階で、胃腸に与える影響は小さくなっており、一つや二つは口にしても問題ありませんが、際限なく食べ続けてしまうのは、胃腸に大きな負担をかけてしまうかもしれません。その結果、腹痛を起こしたり、排便に異常を起こしたりする可能性も心配です。なので、例えば黒にんにくを生食する場合、1日に2粒というように、過剰に摂取してしまわないよう意識しておきましょう。
また、黒にんにくを使ったサプリメントなど、既製品を使う際は、使われている成分に気をつけてください。単体では大した物ではなくても、薬を飲んでいるときに一緒に飲んでしまうと、成分が変化して身体に悪影響を及ぼす可能性があります。サプリなどの既製品の場合、すぐには飲まずに、飲むタイミングや決められた個数などをあらかじめチェックしておきましょう。病院で処方が必要なほどの薬が必要という方の場合、さらに安全性に気を配る必要があるので、絶対に使用前に注意点などの情報を確認しましょう。取り越し苦労になるかもしれませんが、長く使うものだからこそ、安全性については人一倍気を使うようにしましょう。

にんにくははるか古代のエジプトでも健康食として使われており、その後も世界各国に広まり、料理などに活用されるようになりました。日本では中国から伝わり、薬や食材などに使われるようになったと共に、その健康効果を高めるための研究が行なわれました。その末に生まれたのが黒にんにくで、かつてのにんにくと同じように世界各国に広まりつつあります。
多くの人が健康効果の高さに注目している黒にんにくですが、豊富な栄養素だけでなく、サプリなどのバラエティ豊かな商品展開や、様々な料理に使える便利さなどの特徴も、非常に魅力的な食品です。どの商品の魅力も実際に使ってみないと分からないので、まずどんな商品があるのかチェックしてみましょう。黒にんにくはネット通販で簡単に買えるようになっており、商品の数はとても多いです。製造元ごとに特徴が異なりますので、どれが自分にとって一番良い商品なのか見極めて下さい。一つだけではなく、多くの商品に触れ、時には自分で作ってみるなど、色々な方法で黒にんにくについて知れば、より自分好みのものも見つけられるでしょう。

効能

タイプ別ランキング特集

黒にんにくサプリメント特集

にんにくのパワーをより高めた黒にんにく。それを贅沢にサプリに使用しました!!

パワーのあるにんにくをさらに熟成させた『黒にんにく』。熟成させることで糖度や成分が増し、にんにく本来の匂いも抑えられると言われている黒にんにくを使ったサプリメントを集めました。